看護師の実際の勤務時間の実態

勤務時間に不満を抱いていませんか?

看護師の実際の勤務時間の実態

看護師の仕事は時間も不規則でハードである――こういったイメージがあります。 では実際はどのようになっているのでしょうか? ここでは、看護師の実際の勤務時間の実態を少しご紹介したいと思います。

看護師の仕事は日勤だけの医療機関もありますが夜勤がある場合は2交代制や3交代制になりますので勤務に入る時間が違って来ます。 アルバイトやパート勤務以外ならばフルタイムでの仕事になり<常勤看護師>と呼ばれることもあります。

フルタイムの場合は1時間程度の休憩があり、一般的な労働時間は8時間から9時間程度でしょう。 それ以外は残業時間になります。 OLと比較して勤務時間は大きく変わることはありませんが「サービス残業が多い」という声が多く聞かれます。

残業が多いセクションがある一方で決められた時間だけ仕事をすれば良いセクションもあります。 これは自分が仕事をする場所によって、かなり違ってくる要因になります。 残業時間については1日に1時間から2時間程度の残業が多いようです。

中には残業代が付かない職場もあるので勤務時間に換算すると1日当たり数時間ただ働きしている人もいるようです。 きちんと残業代を全額支払う医療機関もありますが「半分出るかでないかのケースが多い」のが実態です。 仕事の対象が患者様になりますから人間対人間でコンピュータ相手はでありません。 突然病状が悪くなる患者様もいますし急患が入ると残業時間はさらに長くなります。

こういった実態は「配置される診療科によっても大きく変わります」から一概に勤務時間が何時間とは言えないです。 しかしながら就職や転職をする場合には、ご自分のライフサイクルに合わせて残業の有無を確認して、ご自分にあった求人を見つけることが大切です。

「残業が多くても問題ない」と言う人でもサービス残業は嫌でしょう。 お子さまが小さくて時間にこだわらなければならない場合は定時で帰宅できる職場を選ぶ必要があります。

以上、看護師の実際の勤務時間の実態をご紹介しました。 選択する職場によって勤務時間は大きく変わることを覚えておきましょう。 そして残業時間のことは面接時にキチンと確認しておきたいですね。