どういった看護師が医療機関から求められているか?

看護師に必要とされる人物とは?

どういった看護師が医療機関から求められているか?

国家資格を持っている看護師が転職する場合でも他業種の社会人と同じく求めるキャリア年数は同じようです。 最も求められる看護師としては医療機関で3年から5年の経験があり即戦力になる人たちです。

教育や研修に時間がかかりませんしOJTで仕事ができますから病院側としても重宝するわけです。 ここでは、どういった看護師が医療機関から求められているか?を詳しく見てみましょう。

即戦力看護師以外では、10年以上の看護師経験があるベテランも「師長」「主任」「リーダー」「チーフ」クラスとして経験の浅い看護師を牽引する存在として求められています。 それぞれの病院・診療所・クリニックなどの形態や規模は違いますが「看護の基本部分」や「人のマネジメント」などは共通しているのです。

けれど即戦力看護師やベテラン看護師は、どこの医療機関でも欲しがっていますから獲得するのは至難の業です。 こういったことから近頃では「1年未満の新人看護師」や「3年から10年程度のブランクがある潜在看護師」にも範囲を広げて意欲的に採用している医療機関が増加しています。

「他の看護師のフォロー体制」や「ブランク解消をするための特別研修」や「新人看護師への教育研修」などが確立されています。 研修の内容や研修に割り当てる時間を充分にとって看護師が安心して仕事ができる環境作りに努めています。

よくある質問で「ブランクが5年あるのですが看護師としてやっていけるでしょうか?」という趣旨のものが多いです。 それは<本人次第でどうにでもなる>ことですから気にされることはないでしょう。 当然ブランクがあっただけ、忘れてしまっている手技や知識はあるのは否めませんが現場で新しく習得すれば良い話です。

以上、どういった看護師が医療機関から求められているか?を詳しく見てみました。 ブランクから復帰してスムーズに復職するには、看護師専門の転職サイトを利用する方法があります。 また看護師のハローワークとして有名なナースバンクでは色々な研修が開催されて看護師の復職をサポートしています。

「リーダーシップマネジメント・人材マネジメントといった講義・研修」「コミュニ―ケーション能力を高める研修」「医療知識や医療技術の研修」など参加しても良いでしょう。